2020年3月28日土曜日

「 Dancing of Yeast. 」※Eng. info BeLow

振り返る2年前。

 「歩んで舞る。」

2018年4月28日、445kmを歩み舞った身体を持ち風呂場へ向かう途中。

もう、死んでもいいや。とホンキで思った。

隣人に話したところ、まだ早いと言われた。

ただ、彼は知らないのだ。僕が本当に歩んで舞ったことを。

そのときに真剣に思ったことがある。

人=人とはいえ、人それぞれ違う。

この身体による体験は本質的には共有し得ない。

なぜなら僕はあなたではなく、あなたは僕ではないから。

ただ、しかし表現の世界に生きる人間として。

共有空間を生むために、踊り身体表現をしている身として。

まだ早いという言葉は即ち、まだ表現しきれていないことだと自己反省をした。


表現という言葉は、一体どのような意味を持つのか。

何がしかを表し、この世に初めて、現われる、者。

表現者。

身体表現者。

生きるもの。

人だけではない。木々も菌類も生きている。

現代問われているのは、人と自然の共生である。

踊りは本質的に、音に合わせて身体を動かす行為だ。

木々は風に揺れている。

木々にとっての風は、僕らダンサーにとっての音楽ではないだろうか。

音に揺れる人間。

鳥声、風で揺れる葉々、雨、瀧、雷、森羅万象全ては音を持つ。

カネの鳴る音、割り箸を落とす音、生活圏の音には「人工」と「自然」の音が混合し聞こえてくる。

生活の音に合わせて動く姿そのものは、もはや踊り?

舞踊の如き労働。そう語ったのは宮沢賢治か。

今、この瞬間が、踊りになりえる。

one step one life

歩む此の一歩から舞は織りなされる。

表すべくは、生きる喜び。

基本、時代は8割苦痛。

2割の希望は、舞う姿にあるのだと思う。

心から、踊る姿に、悲壮感は有り得ない。


明日21時より小畑家で踊る姿をうまくいけばFBでライブ配信いたします。

▼2020/03/29 21:00 check it out!my dance live stream (maybe)▼


できなければすみません。


OBA




2020年3月25日水曜日

【 Let's Session in tha Future. 】


That's  My project.
almost 2 month ago.
We did Session for 〝Fun k now BGM〟in Japan Kamakuracity cross to Da Tokyo.

「 Music first. 」
ー Jazzy J a.k.a. Soul Fire

NYC...

15years ago.

I lived in NYC.

Yo...

NYC Crazy Brothas...

Kamakura like a Brooklyn...haha.

actually Hanoi too man...VL.

Yes , We love Coffee and Music.

so in the future,

I wanna session with My Master and My Brothas in the World.

We are MusicLovers.

Fun k now BGM on da YouTube .

Please check it out in your Living room studio .

[ Fun k now - Funk now - Fun know ]

make a Fun k, now.

OBA a.k.a. Funkster From Japan.

2020年3月22日日曜日

「 前向きに生きること。 」



同じ時代に生まれてきてくれて、ありがとう。

そう言ったのは中島みゆきさんだったか。

生まれてきてくれて ありがとう。

14文字の伝言。

Revoさん、舞台上で浴びた言霊の威力。


今の時代に生まれてきてくれた僕ら。

僕らは、また生まれてきてくれた子と出逢う。

ありがとうは尽きるところ、ありがとうに繋がった。

今の時代に生まれてきた同世代の人=人、ヒトビト。

地球の46億年尺では僕らの人生は、約 2秒。

生と死。

仏教的二元論は、輸入国先である日本で一元論に変換された。

有と無。

それら全ての大本は、一つ。

タオ。

ロクボウセイはコンパスで繋げると円形になる。

陰陽。

円で繋がる、All in oneness.

ウイルスも生きている。

僕らも生きている。

自粛モードの只中。

なぜ、僕らはそれでも踊るのか。

自粛しても尚、家で踊ってしまうのだろうか。

ダンサーというものは。

作者と作品が同一の唯一な芸術表現。

全環境に対して全依存する身体表現。

その名は「 dance 」。

舞ともいい、踊りともいい、踏とも読む。

Street Danceカルチャーが生じたのは「HIP HOP精神」即ち「B-Boy精神」であり極めて言えば単なるカウンターカルチャーである。

即ち、本質的にはRockであり歌舞伎でありJazzであり能等々とコアは同質。

カウンターカルチャーから発した文化に生きる僕らストリートボーイズは。

このご時世、どう生きるか。

君たちは、どう生きるか。

僕は、

「人と自然が共生し、平和な世となる踊り。 」の追求に生きる。

カウンターカルチャーで育ったストリートダンサー わたくしOBA。

ストリートー野外ー自然ー森羅万象ーWe are part of Nature.

ネット上におけるダンスも、考慮し発信してまいります。

引き続きCheck it Out宜しくお願い致しMAX.



OBA

2020年3月14日土曜日

「 Fun k now Coffee can 」







 for Matsuo Coffee Shop...



design & written by OBA





2020年2月26日水曜日

「 Dancing for ISSEY MIYAKE 」

Movements from HOMME PLISSÉ ISSEY MIYAKE: ACTION PAINTING.



one step one life
OBA

2020年1月28日火曜日

「 つながり 」


地球は46億歳と言われている。
人の一生は地球規模で考えると2秒とのこと。
この2秒が僕ら人間には深く果てしない一生だ。

地球規模で考えれば、今を生きる全ての世代は同世代。

マイノリティーではありつつも、僕を囲んでくれている若い世代がいる。

ちょうど10歳ほど離れている20代前半。

彼らは10代半ばに3・11を経験し、20代に入るころには「悟り世代」と呼ばれる。

地球規模で考えれば、僕らは同世代。

どうしても僕は先輩後輩という感覚が薄い。

ただ、悟り世代の彼らの目の奥に潜む、静かに燃える青い炎に触れるたび。
彼らにこそ、共有しておきたい「Spirits」が自然と浮かんでくる。

それは、やっぱり「私が私と呼べるのは私しかいない。」こと。
自信という漢字を紐解けば「自分を信じる。」ということ。

この身体は、自分しか持っていないこと。

踊りは、この自分にしか持ち得ない身体表現であること。

踊る意味の一つは、今をこの身体で、自分が生きることを全体で信じ全力で肯定することなのではないかな、、、と。

そして、あくまで踊りは芸術であり「比較対象」は存在しないこと。
本質的に向き合うべくは、いっつも最終的には己になる。
それはスポーツにも言えていると思う。
ただ芸術は本質的に絶対、採点はできない。
なぜなら芸術は、その人のLifeを問うから。
芸術の本質は、10人10色だと思う。

My dance is My life.
Your Art is Your Life.

未だ若年ではありつつも。
自分が20代前半のときに感じていたことは30代になっても変わらなかった。

そして、いつかは生き続けられる限り、おじいちゃんになってもMy dance is Mylifeと答える。

芸術は、その人の生き方そのものを表し現れている。

踊りは、その人の人生を見ることと同じ。

なぜなら、今日まで生きてきた、この身体で踊っているから。

今日まで生きてきた、この身体で僕らは今を踊る。

Life = Dance

共有空間。

本当に毎週水曜日の基礎練会を始めて良かった。

これからも数年は続ける予定。

若い世代に限らず40代以上の人々も参加してくれている。

みな、それぞれ地球規模で考えれば同世代。

46億年に対して2秒の間で生きる僕ら。

ちょっとした違いでしかないかもしれない。

ただ、それぞれが生きてきた事を証明する身体を通して皆で人生を共有し合う空間として今後もPOP基礎練会を続けていこうと思う!

All in one.


OBA

photo by Riku Da stone non Stop

写真は2019年POP基礎練会最終日後の忘年会の様子です。
写真のタイトルは「GhettoooNoboritoBoogaloos」です。