2019年6月12日水曜日

[ ダンスダンスダンス ]

人はナゼ踊るのだろう。

色々なことがあっても、人はナゼそれでも踊るのだろう。

踊らなくても実用的には生きていける。

人はナゼ、それでも踊るのか。

踊りながら、考えることにしました。




6月15日 場所は池上。

いつもお世話になっている大御所現代舞踊家 武元さんの会。

ダンスのようなもの。

数年ぶりに舞踊家 髙原 伸子さんと踊らせていただきます。

内容は非常にシュールでdopeとなっております。

予約は僕のほうでも受け付けますのでご連絡ください。

そして、本日も登戸cloud9studioで21時より基礎練会いたします。

1日の終わりに、共にPOPで燃え尽きましょう。

peace

OBA

2019年6月5日水曜日

【 アメニモマケズ - 発表会付きダンスワークショップのお知らせ。 】

このたび、わたくしOBAはPOPダンサー向けの発表会付きダンスワークショップを開催させていただきます。

発表会までのワークショップ兼リハーサルは、合計3回。

この3回で、ストリートダンスシーンも驚くPOPダンスの新たな可能性へと共に挑戦をさせていただきたい。

その挑戦とは、わたくしダンサーOBAによるカリンバ演奏ならび「宮沢賢治 - アメニモマケズ」の朗読に合わせてPOPダンス(イメージとしてはロボット、ダイムストップ、エアポーズならびスローモーションによる身体表現)を踊っていただきます。

水の音と呼ばれるカリンバの音色とアメニモマケズの詩に合わせて、フラットトップのレインフォーレスト級のダンスを魅せれたら。。。(あくまで理想です。)

わたくしの生演奏、生朗読による皆様のダンス発表会です。

本番は、渋谷のライブハウス 公園通りクラシックスで開催されるセッション×セッションとういうセッションイベント内に設けます。本番の尺は、5分です。

発表会以外にも、わたくしOBAとクラシックピアニストによるパフォーマンスならび完全自由サイファーセッション(生音)も予定しております、

今後、発表会に使用する音ならび詩におきましては随時おってブログにてアップいたします。

下記にて、発表会付きダンスワークショップの詳細を公表します。

受付期間を設けさせていただきますので、お早めのご連絡をお待ちしております。


人はナゼ、それでも踊るのか。

踊りながら、一緒に考えよう。

そして、共にバイブスを上げていこう。


【 アメニモマケズ - 発表会付きダンスワークショップ詳細 】

[日]
ワークショップ  : 6月26日(水)7月3日(水)10日(水)
本番 : 17日(水)

[時]
ワークショップ : 19時〜20時30分
本番 : 21時予定

[場]
渋谷 公園通りクラシックス
渋谷駅より徒歩約5分、アップルストア向かい。
ワークショップ・本番ともに公園通りクラシックスとなります。

[対象]
POPダンス経験者 / 男性 / 年齢は問いません。
限定人数有り。限定を越え次第、受付終了とさせていただきます。

[内容]
ワークショップ : OBAによるコレオグラフならびダンススキル指導。
本番 : ワークショップで練習したパフォーマンス内容の発表。

[本番における音源]
OBAの生演奏。

[参加料金]
ワークショップ : 一回 2,500円×3(ワークショップ後の基礎練会に参加する方は一回1,500円×3とさせていただきます。)
お支払いは、各回ごとに当日受付にてお願い申し上げます。
本番 : 無料。衣装、各自。

[申込方法]
・お名前(a.k.a.ネームがあれば合わせて教えてください。)
・レペゼンエリア(あれば)
・POP歴(長さは問いません。)
・連絡先
・ワークショップ後のキソ練会に参加する場合は教えてください。

上記を明記の上、
までご連絡ください。※
※メール設定でPCメールを受け付けていない場合は解除してからご連絡くださいませ。

申込は、6月25日に締め切らせいただきます。


以上、
皆様の力をもち合わせまして、
ネクストステージでぶちかませたら幸いでございます。

何卒、宜しくお願い申し上げます。

one step one life
OBA



2019年6月4日火曜日

【 お知らせ & 6月POPキソ練会スケジュール】




6月も毎週水曜日、間違いなくキソ練しております。

しかし、
6月第4水曜より登戸から渋谷のライブハウス 公園通りクラシックスへと場所が期間限定で移ります。

もちろん、渋谷へ移ってもキソ練は時刻共に同じ内容で実施します!
さ、さらに、、、渋谷スペシャルも、実行いたします!!!

渋谷では、キソ練開始21時前に19時〜20時半にショーイング付き(本番:7月17日満月の夜/場所は同じく渋谷クラシックス)のクリエイションワークショップ(6月26日・7月3日・10日合計3回)も実施します。

詳細は明日の21時に、ブログ[https://obadance.blogspot.com]にアップいたしますので何卒、宜しくお願い申し上げMAX。

OBA


▽6月POPキソ練会スケジュール▽

[日程]
毎週水曜日
6月5日・12日・19日(登戸) / 26日(渋谷)

[ 時間 ]
21:00 ~ 22:45

[ 場所 ]
▽6月5日・12日・19日▽
登戸Cloud9Studio - DanceSt
JR&小田急 登戸駅徒歩0分

▽6月26日〜7月10日▽
渋谷公園通りクラシックス
渋谷駅徒歩約5分
http://koendoriclassics.com/access/

[ 内容 ]
POP & BOOGALOOの基礎練習
•鬼HIT練 ( 手首から足首までの全部位 )
•サイファー(見学のみも可) 等々

[ 料金 ]
2,500円(税込) 

[ 対象 ]
ダンス未経験者から達人まで。


ネクストステージに登る前に
徹底的にキソ練して、共にヤバくなろう。
そして、バイブスをアゲよう。

OBA

2019年5月30日木曜日

〔 POP - 己の内から湧き上がる泡が弾けたサマ。〕


思うことは、自分のスタイルを如何にして人々と共有していくかという議。

尾崎 豊は、自身のスタイルを世に受け入れてもらうために苦心をすべきであってアンダーグラウンドに甘んじてはならないと語っていた。

この言葉を雑誌Penの尾崎特集で読んだ時。

ギクっとした。

自分が苦心しているのは自分のみではなかったか。

世に受け入れてもらう即ち極度に言えば名誉。

自分を世に認めてもらうこと。

それは僕にとって欲の一つでしかないと感じていた。

だからときにダンスバトルに挑むとき、結果を求めたら負けといつも自分に言い聞かせていた。

ジャッジに認めてもらう前に音楽とどれだけ真っ直ぐ向き合えるか。

グルーヴはすでに奪われていないか。

常に自分に問いかけては音楽に耳を澄ませた。

踊りの素晴らしいところは、音楽に頼れるという事実。

音楽に身を寄せれば身体は自ずと動きだす。

その前に思考が働き身体が意思で動き出した時は、踊っていても大体きもちよくない。

とはいえ、バトルでは自分のペースで踊り出すことはできない。

決められたカウント、秒数で踊る必要がある。

己のバイブス、グルーヴ、パッション、テンション(集中)、少しの規制をかせる余裕。

これらの要素が無意識的に展開しだすとき、身体はもう踊り出している。

ただ、なかなかバトルでこのタイミングが合うことは難しい。

ダンスフロアーにおけるダンスサークルでは「自由」だ。

もはや、サークルで踊っても見ててもいい。はたまたスピーカーの前で一人の世界に入っててもいい。

ただ、決められたときに己のポッシブルを最大限にもっていくことが時に求められる。

バトル、クラブショーケース、公演舞台、舞殿すべての舞台で求められる。

ダンスフロアーとステージの違い。

ただ、ふと我にかえると思うことがある。

いや、本質で問うならば双方ともに同等ではないのか。

どっちも同じことなのではないのか。

尽きるところ、我に振り返る事になる。

尽きるところ、自分と向き合うことになる。

なぜなら踊りは必ず、各自の身体で踊るから。

この身体が唯一の道具であること。

身体の感覚と向き合ったとき、意識が五感に集中する。

息をしていることを忘れていることにキヅく。

息に意識が戻る。

必ず止めどなく息を僕らはしている。

ただ、ほとんどが無意識的におこなわれている。

けど、意識が呼吸するとき身体に感覚が戻ってくる。

聴覚が働く、何故なら音楽が鳴っている。

音が鳴っている。

音は鳴っている。

耳を澄ませる。

聞こえてくるのは自分の耳を通して聞こえてくる音。

その音に意識を集中させる。

まず呼吸で踊ってみる。

呼吸を音楽のフィーリングと調和させてみる。

音楽の中できもちよく息をできるときは必ず身体よりも先に、心が踊る。

それが本来のダンスではないのだろうか。

カタの手前に、打ち込むぜ、己にPOP。

POPというのは「己の内から湧き上がる泡が弾けたサマ」を言うのではないだろうかと超勝手な巨大解釈を最近する。

事実、冬寒い日にPOPを打つと身体が温かくなることを、ポッパーは知っている。

自身の内側から湧き立たせる沸騰に泡が、水面という名の筋肉を超えた皮膚全体に辿り着いた時、僕らポッパーは弾く即ちPOPしているのではないだろうか。

音楽に息を合わせるとき、心が踊りだす。

心が湧き上がる。

魂が燃え上がる。

ソウルがファイアーする。

「the one...Music First.」

我が師、Jazzy J a.k.a. Soul Fireの提言。

先ず、音楽。

Jazzy の飛び火を受けてから数十年。

思うことは、本当にそうだなーという共感。

ストリートダンスに大切なのは先ず、音楽。

それでしかない。

その意味で言えば確かにストリートからステージと化す。

フロアーとステージの本質的な違いは、ストリートには存在しない。

今ココがオンステージ。

生きる今がオンステージ。

音楽が鳴っていれば、どこでも踊れる。

路上が舞台と化す。

この道が舞台と化す。

今歩んでいる道が舞台となる。

Step by walk to be Dancing.

道で踊る。

今を生き、歩む此の道で踊る。

ストリートダンサーに悲壮感はあり得ないはずだ。

だから今日も己に打ちこむポップス。

この泡を弾くことで湯気が大氣に還るように。

少しでもバイブスが上がるように。


one step one life
OBA

2019年5月29日水曜日

「Pop Battle」



かなり久々にダンスバトルジャッジをいたします。

ダンスバトルは尽きるところ、敵は己のみ。

誠心誠意、心よりジャッジメントいたします。

そして、本日もポップ基礎練会21時より登戸Cloud9Studio。

明日を向かえる一日の終わりにPOPする。


2019年5月22日水曜日

【 驚き(即ちヤバい)は対極性の融合にこそ生ず。 】



僕ら人間は、今日も。

‘無機質’なカクカクビクビクした踊りを求めて、

‘有機質’な筋肉を鬼HIT練で痛めつけるのです。


今日も、POPで燃え尽きるぜ!!!


【 POP キソ練会 】

[日程]
毎週水曜日

[ 時間 ]
21:00 ~ 22:50

[ 場所 ]
登戸Cloud9Studio - DanceSt
JR&小田急 登戸駅徒歩0分
http://www.cloud-9-studio.com/studio/noborito_map.html

[ 内容 ]
POP & BOOGALOOの基礎練習
•鬼HIT練 ( 手首から足首までの全部位 )
•サイファー(見学のみも可) 等々

[ 料金 ]
2,500円(税込)

[ 対象 ]
ダンス未経験者から達人まで。

ネクストステージに登る前に
徹底的にキソ練して、共にヤバくなろう。

OBA