2015年3月10日火曜日

鎌倉が今、熱い。

鎌倉で生まれ育って、鎌倉で感じる事はカルチャーの創造が難しいということでした。
歴史もあるし、住んでる人も個人個人が確立されている方々が多い。
鎌倉では 0 から創造するということが中々腰が重いような・・・
藤沢や横浜、湘南近辺では様々な若手からのカルチャーが発信されているのに対して鎌倉はあくまで大人っぽく保守的なイメージがあります。
が、僕ら三兄弟は音楽のもと育ち、やはり故郷は鎌倉です。
なので、せっかくなら都内や世界各地で活躍するのも絶対的に重要だけれど、それと合わせて故郷を自分の表現を通して新たな風を吹かせることが重要だなと思っています。

なので先日、KAMAKURA HIP HOPという名のヒップホップパーティを開催しました。
とても盛り上がり、やはり鎌倉にはダメな大人たちは沢山いるということが明確になりました。
ここで言うダメとは、すなわち無駄に青春を謳歌する大人たちです。
無駄に青春とは、富や名声ではなく、破壊を躊躇なくおこない 今 を創造し続ける まさにHIP HOP精神を持ち体現しながら生きること。
それは中々難しいことだけれど、皆で同じ空間・時間で音楽・踊りで繋がれば想いも共有できる。パーティの本質の1つに、1つの場所に集まり音楽を通し皆がそれぞれの在り方で生き方を共有する、すなわちコミニケーションをとるということがあると思います。

現代、各自がそれぞれ孤立している時代。
だからこそ、このパーティ文化が再度改められる必要性があると思っています。
気づいたらパーティが12時以降に開催されると怒られる時代。
僕らも出来れば深夜は寝たいYO。
だけど、時間なんて関係ない。昼からでのパーティだって最高じゃんって思います。

鎌倉からのカルチャー、今とっても熱くなっています。

前からかもしれないけど、僕のまわりのアーティスト達は皆鎌倉に集まってきています。

これから、本当に楽しみ。

鎌倉カルチャーを創造しながらも自身の身体をもって外にだしていく。

そのバランスが自分にとっては大切だなと思う今日この頃です。





0 件のコメント:

コメントを投稿