2018年5月1日火曜日

【 歩みは続く。】


本日、4月28日奉納公演を終えて3日後。
僕はきづきました。
電車の乗り継ぎにしろ、今日も「具体的に歩んでいる」事実。
当然な話とはいえ、その事実に改めて考え深くなりました。

4月8日から19日間ほぼ毎日約12時間歩みました私OBAとDr.Dre×鈴木敏夫的なプロデューサーIGA。
皆様のお陰で無事、野々宮神社奉納舞公演へと歩んで舞らせていただきました。

いつしか「歩んで舞る」(未来形)から「歩んで舞っている」(現在形)になり、今日では「歩んで舞った。」(過去形)となりました。
口上における未来→現在→過去という流れは、体感で捉える過去→現在→未来という流れとは逆となります。
口上という未だ現実となっていない空想は、過去から未来という通常な時間軸認識とは逆の時間軸を生む。
体感は、元通り通常認識である過去から未来であると考えます。
この空想(有言)と体感(実行)の時間軸対極説を「歩んで舞る」→「歩んで舞っている」→「歩んで舞った」という事実体験より学びました。
すなわち有言実行という四字熟語には、対極的な時間軸が同時平行的に流れているという実感を得ました。
当然な話とはいえ、興味深いです。

兎も角。
野々宮神社中島宮司83歳、ダンサーOBA32歳&プロデューサーIGA34歳。
年齢差半世紀のコラボとなる企画。
【 歩んで舞る 】
本っっっっっっ当に、、、皆様のお陰で無事、終了いたしました。
クラウドファウンディングも無事、目標金額達成とさせていただきました。
心より感謝を申し上げます。
誠に有り難うございました!!!!!!

然し。
僕らOBAIGAには、第二ステージが待っています。
応援、協力していただいた皆様へのリターン活動です。
このリターンというのはクラウドファウンディングのリターンは当然ながら、それ以上の概念として捉えています。
僕らのリターン活動というのは、ネット上だけではなく現実におけます「人と人」へとも向かいます。
前例が無き白紙の舞台に一歩なる一点の事例を生む。
この一点を次なる点へと繋ぐ「線」こそが、御礼すなわちリターン活動なのではないかと感じております。

次なる点は、どこなのか。
それは今の僕らには分からない。
難しいことは分からない。
人生の意味とか分からない。
けれど必ず、僕らの道は繋がっている。
歩む一歩は、今日も踏まれている。

1000年生きれるわけではないけれど、天狗のきもちではく一本歯。
お陰さまで当分は、武士のきもちではく二本歯とさせていただきます。
NewGenerationSamurai、ぶちかます。
引き続き何卒宜しくお願い申し上げます。

One Step , One Life ~ One Stage , One Life 

一舞一生

小畑OBA大左衛門



取り急ぎのご報告となり乱文で恐縮ではございますが、無事「歩んで舞った」こと、怪我もなく(IGAは少しありましたが。)今日も健やかに生きていることをご報告させていただきます。
つきましては改めて、
4月8日から4月26日までの道中ならび28日の奉納舞について。
こちらブログにて、確とご報告文章を練り上げます。


0 件のコメント:

コメントを投稿