2018年9月29日土曜日

岡本 太郎さん

岡本 太郎 「今日の芸術」を読んで人生がひっくり返るぐらいの衝撃を受けたのを今も強く覚えている。
それから川崎 岡本太郎美術館や青山のご自宅でもある記念館、大阪万博公園から鎌倉 明月院にある座ることを拒否する椅子まで全国に広がる岡本 太郎さんの作品という名の軌跡を感じてきた。

芸術は、爆発だ。

このコトバ以上に芸術の本質を捉えたコピーは存在するのだろうか。

爆発は即ち衝動と捉える。

人間の本能的な衝動が爆発し表現した結果、芸術が生まれる。

まったく、その通りだと思う。

結局、極めて純粋な衝動 ワクワクが爆発しないで圧倒的な平静心で至る仙人級アーティストも存在するだろう。

ただ、仙人は山で一人すごす。

ただ、しかし、さらに思うんだ。

南方熊楠の粘菌スケッチをアートと呼ばす、なんと呼ぶのだろう。

あの粘菌スケッチこそ、まさに爆発的な集中能力であり衝動そのものだとも思う。

衝動 ワクワク が 爆発する。

その瞬間、その刹那。

生まれる表現が、芸術。

生きることそのものが芸術であるならば、今日という一日でワクワクが爆発する瞬間 - 刹那があるだろうか。

ない日もあるかもしれない、毎日わくわくしている余裕そのものが労働環境によって無かったり人それぞれだけれど。

僕は「今」に生きていたいと思う。

常瞬間瞬間、この一歩から一生をかける想いで生きる。

One Step One Life

瞬間に命を懸け、開ききれ。

その瞬間その刹那こそ、我踏み出す此の一歩。

初期衝動(ワクワク)をもって

一歩一歩を大切に

心は不動でアレ。


One Step One Life
OBA





0 件のコメント:

コメントを投稿